サプリメント・ナビ > 栄養素辞典 > ビタミンEとは
 

栄養素辞典

栄養素に関するコラム・サプリメント情報掲載
 
人体の中で最も酸化の危険にさらされているのが、生体膜や細胞の不飽和脂肪酸です。これらが酸化し、過酸化脂質が増えると、体の機能が低下し、老化現象が起きたり、異常細胞を作って病気を引き起こす原因になる。このような事態になる前にビタミンEは各細胞に働きかけ、酸化を防いでくれます。

血中の過酸化脂質の量は40歳を過ぎると急に増加するので、40歳以上の人はしっかりビタミンEを摂取するようにしましょう。

また、ビタミンEには血管を健康に保つという働きもあります。血中のコレステロールが酸化し、変性したものが血管の壁に張り付き、血液の流れがスムーズでなくなるのが動脈硬化です。ビタミンEはその抗酸化作用で血管の健康を保ち、血液をサラサラにして血管内を流れやすくすします。

さらに悪玉コレステロールを運び出して血管の中を掃除したり、善玉コレステロールを増やす働きももっています。

ビタミンEは女性に力強い味方のビタミンともいえます。女性ホルモンと男性ホルモンなどのステロイドホルモンの代謝に大きく関わるため、不妊治療に排卵誘発剤と併用すると、妊娠率が上がるなどの報告もあるようです。

また、更年期には体内のビタミンEの濃度が低下するため、この時期に摂取しておくと更年期障害が楽になります。

男性もビタミンEの投与により、精子の数の増加、精力減退防止などに効能があるといわれています。

抹消の毛細血管の流れをスムーズにすることや、新陳代謝を活発にさせることもビタミンEの特性です。冷え症や肩こりの人、また肌のトラブルに悩んでいる人に・・・。また最近ではビタミンE入りの化粧品も多く出回っているように、その効能も期待されています。

 

EDIT

*
* からしれんこんランキングに参加してね 海外サプリメントショップ / Supple-Navi Since 2002.8.01