サプリメント・ナビ > 栄養素辞典 > ビタミンDとは
 

栄養素辞典

栄養素に関するコラム・サプリメント情報掲載
 
「日光のビタミン」あるいは「太陽のビタミン」と呼ばれるビタミンDは、太陽光線と食事から得られる。太陽光線の紫外線が皮膚の脂肪に作用して、体内に吸収されるのです。一方、食事から摂取されるビタミンDは、小腸壁から脂肪と一緒に吸収される。
 ビタミンD不足が引き起こす症状としては、骨が弱くなり骨折しやすくなる。骨がスカスカになり骨粗鬆症になる、虫歯ができやすくなる、などが挙げられる。カルシウムやリンとともに骨の形成に欠くことのできない存在なのです。
体内に入ったビタミンDは、腸でのカルシウムの吸収を良くします。また、血液中のカルシウムの骨への運搬を手伝い、更にカルシウムが骨に沈着するのを助けてくれる。また、筋肉中のカルシウムが減少した時には、骨からカルシウムを分配するといった働きもある。カルシウムの摂取量が少ない場合には、尿中にカルシウムが排泄されないように再吸収させる役目もある。
骨と同様、カルシウムが材料になっているのが歯。子供はもちろん、大人もビタミンD不足でエナメル質が弱くなり、虫歯ができやすくなるケースは多い。
骨と歯は特に子供時代に完成されるので、幼児期に十分にビタミンDとカルシウムは摂取したいものです。
 

EDIT

*
* からしれんこんランキングに参加してね 海外サプリメントショップ / Supple-Navi Since 2002.8.01