サプリメント・ナビ > 栄養素辞典 > ビタミンB6とは
 

栄養素辞典

栄養素に関するコラム・サプリメント情報掲載
 
ビタミンB6は、体を作る基本物質であるたんぱく質の代謝に不可欠な存在です。
そのほかに、大脳の刺激伝達物質の生成、神経の刺激伝達のアミノ酸の生成のためにも必要とされます。
ビタミンB群全般にいえることですが、それ自体には栄養もなければカロリーもありません。ビタミンB6は、エネルギーを効率よく生み出すためになくてはならない物質なのです。

免疫力をアップさせる働きもあるため、アレルギーに強くなる、また、月経前の女性特有の体のだるさや頭痛月経前症候群を軽減してくれる働きがあります。
ビタミンB6が不足すると、貧血、動脈硬化、脂漏性湿疹、口内炎、舌炎を招くといわれています。

また、妊娠するとキサンツレン酸が多く排泄されるため、妊娠中毒症やつわりを引き起こす原因となります。このキサンツレン酸は、ある種のアミノ酸代謝の異常から増加する。この代謝異常はビタミンB6不足により発生すると言われています。

つわりがひどい場合だけでなく、妊娠中は通常の6倍のビタミンB6を摂取したいです。
また、ビタミンB6は脂肪の代謝にも関わっているため、肉や魚などの動物性たんぱく質や脂肪を含む食品を多く好んで食べる人もビタミンB6の摂取を多くしなければならないでしょう。
 

EDIT

*
* からしれんこんランキングに参加してね 海外サプリメントショップ / Supple-Navi Since 2002.8.01