サプリメント・ナビ > 栄養素辞典 > ビタミンB1とは
 

栄養素辞典

栄養素に関するコラム・サプリメント情報掲載
 
ビタミンB1は疲労回復のビタミンと呼ばれ、炭水化物や糖質をエネルギーに変換するのに不可欠な存在です。
脳の原動力であるブドウ糖なども、エネルギーに変えてくれます。ビタミンB1が不足して、糖質がエネルギーとして利用できなくなると、脳だけでなく体に乳酸などの疲労物質が溜まりやすくなります。結果、だるさや倦怠感などの原因になってしまいます。

脳は末梢神経をつかさどる司令塔です。この脳にエネルギーが十分に供給されなくなると、足がしびれたり、運動能力が低下するという症状も現れてきます。ビタミンB1が欠乏すると、疲れやすくなり、集中力がなくなります。

ビタミンB1の欠乏で最もひどい症状は脚気。全身の倦怠感や、手足が重くなったりむくんだりといった症状です。また、脳へのエネルギー不足は精神的な不安定をも引き起こしてしまいます。

ビタミンB1は、脳の精神安定の素です。さらに疲労物質の乳酸を分解するので、疲労とストレスが蓄積されていると感じる人は、特に摂取しましょう。

最近では、脳内の神経伝達物質を正常に保つ働きがあることから、アルツハイマー病にも効果があるとの報告も寄せられている、注目のサプリメントです。
 

EDIT

*
* からしれんこんランキングに参加してね 海外サプリメントショップ / Supple-Navi Since 2002.8.01