サプリメント・ナビ > 栄養素辞典 > ビタミンAとは
 

栄養素辞典

栄養素に関するコラム・サプリメント情報掲載
  ビタミンAは動物性食品にはレチノール、植物性食品にはカロチンという形で含まれている物質です。
カロチンは野菜や果物に含まれる、黄色やオレンジ色の色素。野菜や果物に含まれるβ-カロチンがその代表です。

体内に入ると腸で吸収され、ビタミンAに変わることから、ビタミンAになる前の物質=プロビタミンAとも呼ばれています。

ビタミンAは粘膜を丈夫にし、皮膚や髪、歯茎の健康を保ち、視力を正常に保ってくれます。また、免疫力を正常化し、強い骨を作る助けとなり、成長を促進させるなどの働きがある。病気の回復を助ける上でも重要なビタミンと言われています。

カロチンには体の各器官が酸化するのを防止する抗酸化作用があり、これは活性酸素を除去し、細胞膜が傷つけられるのを防いでくれるものです。
このことからガンの抑制や予防、心臓病の予防、コレステロール値の低減に効果があるという点で注目されています。

さらに、ビタミンB、E、D、カルシウ、リン、亜鉛は、ビタミンAが十分でないとその効果が発揮されません。栄養素の潤滑油としても、ビタミンAを摂取する必要性は高いといえます。
 

EDIT

*
* からしれんこんランキングに参加してね 海外サプリメントショップ / Supple-Navi Since 2002.8.01