サプリメント・ナビ > 栄養素辞典 > 脂質とは
 

栄養素辞典

栄養素に関するコラム・サプリメント情報掲載
 
脂質とは、たんぱく質、炭水化物と共に三大栄養素といわれています。
脂質は1gあたり9kcalの熱を発し、三大栄養素のうち、最も高いエネルギーになります。脂質には、体内ではつくることの出来ない必須脂肪酸が含まれており、体の細胞膜の成分・ホルモンの材料となっています。
脂質はバター・サラダオイル・肉の脂などの中性脂肪(トリグリセライド)の形で体内に取り込まれます。
エネルギーが必要になると、体内の中性脂肪が分解されて脂肪酸とグリセリンに分解されますが、エネルギーとして使われるのは脂肪酸です。
▼ししつ 【脂質】
生物体内に存在して、水に不溶、有機溶媒に可溶の有機化合物の総称。
脂肪酸と各種アルコールとのエステルである単純脂質(中性脂肪あるいは油脂、蝋(ろう))、脂肪酸・アルコール・リン酸・糖などから成る複合脂質(リン脂質・糖脂質など)、および以上二者の加水分解生成物で水に不溶の物質(脂肪酸・高級アルコール・ステロールなど)やテルペン・脂溶性ビタミンなどの誘導脂質に分類される。リピド。
 
大辞林第二版より
 

EDIT

*
* からしれんこんランキングに参加してね 海外サプリメントショップ / Supple-Navi Since 2002.8.01