サプリメント・ナビ > Movement(運動) > 骨格筋の種類
  Beauty(美容)

Movement(運動)

運動(ウォーキング・ストレッチ・ヨガなど)に関するコラム
 
 

★ 骨格筋の種類
1.白筋(速筋)
ミオグロビン(筋肉内に酸素を貯蔵する器官)にたんぱく質の含有量が少なく、白っぽい色をしてるので白筋といわれています。
別名収縮速度が速いので速筋ともいいます。 無酸素運動(短距離走などの短時間や瞬発的な力を出す運動)時に多く使われる筋肉です。酸素を取り込む機能が乏しく、脂肪を分解する力が弱いため白筋の多い人は太りやすい傾向があります。

2.赤筋(遅筋)
ミオグロビン(筋肉内に酸素を貯蔵する器官)を多く含んでいて赤黒い色をしています。このため赤筋、別名縮速度が遅いので遅筋ともいいます。有酸素運動(マラソン、競歩などの運動)時に使われる筋肉です。
赤筋を鍛えれば毛細血管が増え酸素や代謝も上がり太りにくくなります。また、赤筋は脂肪をエネルギー源にしています。

 

EDIT

*
* からしれんこんランキングに参加してね 海外サプリメントショップ / Supple-Navi Since 2002.8.01