サプリメント・ナビ > Diet(ダイエット) > 体脂肪率計の測定方法
 

Diet(ダイエット)

ダイエットに関するコラムや関連サプリメント情報掲載
  体脂肪計の原理は、BIA法といって体の電気抵抗を測る事で体脂肪率を測定します。血液など水分が含まれている筋肉は電気を通しやすく、脂肪は電気を通しにくい性質を持っています。この原理を利用して、体内に微弱な電流を流し、「通電しない部分=体脂肪」を測定します。
体脂肪計は体内の水分に着目して体脂肪を測定している為、体内の水分量により測定値が変化します。※乗るタイプや手で計るタイプも原理は同じです。
<例えば、食後測定すると…>
食事により水分が補給される為、体脂肪率が実際よりも低く測定されることがあります。また、汗をかいたままや、体が濡れている状態で測定するのも、誤差が出やすいので注意が必要です。
正しい測定方法
 ・昼食前や夕方の空腹時がベスト
  (起床後は睡眠によって、水分が体外に出ているので好ましくありません)
 ・素足が基本
  (通電箇所に直接皮膚が触れるほうが、誤差を防げます)
 ・姿勢良く
  (姿勢が悪いと通電にちょっとした時間がかかり、誤差につながります)
 ・毎日同じ時間に測定
  (時間が一定でないと、一貫性が持てません)
 

EDIT

*
* からしれんこんランキングに参加してね 海外サプリメントショップ / Supple-Navi Since 2002.8.01